印刷設定が反映されない問題(Microsoftセキュリティ更新プログラム[MS12-025]に関する弊社.NET製品の影響)について

文書番号 : 32272     文書種別 : 技術情報     登録日 : 2012/04/16     最終更新日 : 2012/06/14
文書を印刷する
対象製品
.NET 製品共通
詳細
2012年4月11日から2012年6月11日の間に日本マイクロソフト社から公開されたセキュリティ更新プログラム[MS12-025]を適用すると、Windowsフォームアプリケーションにおいて印刷時に下記の印刷設定が反映されない現象が確認されています。

反映されない設定の一例
・拡大/縮小印刷
・2 in 1印刷(集約印刷)
・両面印刷

この現象は.NET Framework標準の印刷機能の問題であり、2012年6月12日に修正されたセキュリティ更新プログラム[MS12-025]が公開されました。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS12-025 - 緊急
.NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2671605)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms12-025

セキュリティ更新プログラムが修正された経緯は、上記セキュリティ情報ページの「このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ)」に記載されています。

2012年6月12日以前にセキュリティ更新プログラム[MS12-025]を適用した場合は、同プログラムの最新版を適用することで現象が改善されます。

本現象の影響を受ける弊社製品は下記の通りです。
・ActiveReports for .NET
・ComponentOne Studio
・SPREAD for Windows Forms
・FlexGrid for Windows Forms
・MultiRow for Windows Forms
・El Tabelle Sheet for Windows Forms
・TrueChart for Windows Forms
・LEADTOOLS
※旧バージョンを含みます。

更新履歴
2012/06/14: 修正されたセキュリティ更新プログラムが公開されたという説明(赤字の部分)を追加しました。
2012/05/31: タイトルを「Microsoftセキュリティ更新プログラム(MS12-025)に関する弊社.NET製品の影響について」から変更しました。
2012/05/25: 日本マイクロソフト社のサポート情報のリンク先を、英語ページから日本語ページに更新しました。
※修正プログラムの内容に変更はありません。
2012/05/18: 修正プログラムが公開されたという説明(赤字の部分)を追加しました。
2012/04/18: 日本マイクロソフト社のサポート情報のリンク先を更新しました。
2012/04/16: 本情報を公開しました。
キーワード
用紙サイズ