開封確認メッセージを要求する事ができますか?

文書番号 : 36483     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2013/09/10     最終更新日 : 2013/09/10
文書を印刷する
対象製品
Secure iNetSuite for .NET 4.0J
詳細
通常、開封確認の機能は、送信側でメールヘッダに開封確認メッセージを要求するためのヘッダフィールド、アドレスを設定し、このヘッダフィールドがある場合、受信側で当該アドレスへメールを返信する仕組みになっています。

開封確認メッセージの要求を設定する専用のプロパティなどは用意されておりませんが、メールヘッダに任意のヘッダフィールドを追加する機能を利用して開封確認を実装することができます。

開封確認メッセージを要求するためのヘッダフィールド「Disposition-Notification-To」を追加するコードは以下のようになります。
◎サンプルコード(VB)
' 名前空間のインポート
Imports Dart.Mail

' MailMessage オブジェクトの作成
Dim msg As New MailMessage()
' 宛先アドレス設定
msg.To = "宛先"
' 差出人アドレス設定
msg.From = "差出人"
' タイトル設定
msg.Subject = "テストメール"
' 本文設定
msg.Text = "こんにちは、お元気ですか。"
' メールヘッダ追加
msg.Headers.Add("Disposition-Notification-To: test@grapecity.com")



◎サンプルコード(C#)
// 名前空間のインポート
using Dart.Mail;

// MessageStream オブジェクトの作成
MailMessage msg = new MailMessage();
// 宛先アドレス設定
msg.To = "宛先";
// 差出人アドレス設定
msg.From = "差出人";
// タイトル設定
msg.Subject = "テストメール";
// 本文設定
msg.Text = "こんにちは、お元気ですか。";
// メールヘッダ追加
msg.Headers.Add("Disposition-Notification-To: test@grapecity.com");