新しい祝日(山の日)への対応方法について(.NET製品)

文書番号 : 37370     文書種別 : 技術情報     登録日 : 2014/06/06     最終更新日 : 2019/02/25
文書を印刷する
対象製品
.NET 製品共通
詳細
弊社の.NET製品で、カレンダーに祝日を設定するには、以下の2つの方法があります。
  • コード上で任意の日付を祝日に設定する
  • 祝日定義ファイル(Holiday.xml)を読み込む
2016年から施行されている「山の日」(8月11日)も、いずれかの方法で対応が可能です。
具体的な方法については、各製品ごとのナレッジで説明していますので、そちらをご覧ください。

InputMan for Windows Forms 7.0J

InputMan for ASP.NET 7.0J

InputMan for WPF 1.0J

MultiRow for Windows Forms 7.0J

PlusPak for Windows Forms 7.0J

SPREAD for Windows Forms 7.0J


なお、下記の製品については、製品付属の祝日定義ファイルに、「山の日」が設定済みです。
コード上で祝日を設定する方法については、各ナレッジをご覧ください。

CalendarGrid for Windows Forms 1.0J

CalendarGrid for Windows Forms 2.0J

InputMan for Windows Forms 8.0J

InputMan for Windows Forms 10.0J

InputMan for ASP.NET 8.0J

InputMan for ASP.NET 10.0J

InputMan for WPF 2.0J

MultiRow for Windows Forms 8.0J

MultiRow for Windows Forms 10.0J

PlusPak for Windows Forms 8.0J

PlusPak for Windows Forms 10.0J

SPREAD for Windows Forms 8.0J

SPREAD for Windows Forms 10.0J

SPREAD for Windows Forms 11.0J

SPREAD for Windows Forms 12.0J

関連情報