ShrinkToFitプロパティの縮小処理によって描画が完了しない場合がある

文書番号 : 40373     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/05/25     最終更新日 : 2017/05/31
文書を印刷する
対象製品
ActiveReports for .NET 11.0J
ステータス
修正済み
詳細
※この現象は「ページレポート」または「RDLレポート」のみで発生します。

こちらのナレッジ文書にあります通り、ShrinkToFitプロパティを"True"に設定することで、コントロールに収まりきらない長さの文字列であっても、自動的にフォントサイズを縮小させてコントロールにすべて表示させることが可能です。

このとき、縮小できるフォントサイズには下限が存在し、最小のフォントサイズまで縮小してもコントロールに文字列が収まりきらない場合、基本的に収まりきらない部分の文字列は無視されます。

しかしながら、この下限判定に誤りがあり、最小フォントまで縮小されてもコントロールに収まりきらないような文字列が設定された場合に、レポートの描画処理が終了しない問題が発生します。
回避方法
本内容はService Pack 1(v11.1.10433.1)にて修正されました。
不具合を修正した最新のサービスパックをご使用ください。
キーワード
20131