条件付きセルスタイルや名前付きセルスタイルでセルごとのTagプロパティを使用するには?

文書番号 : 40544     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2017/07/26     最終更新日 : 2017/07/26
文書を印刷する
対象製品
MultiRow for Windows Forms 10.0J
詳細
条件付きスタイル(ConditionalCellStyle)や名前付きセルスタイル(NamedCellStyle)にはCellStyle.Tagプロパティのような機能が提供されていないため、これらのセルスタイルを使用する場合にはセル単位のTagプロパティを使用できない制約が生じます。
これらのセルスタイルを使用する場合にセル単位のTagプロパティを使用するには、次のような代替策があります。

行のTagプロパティに配列として値を保持する
Tagプロパティには任意の型の値を格納できるため、配列やコレクションを使用することでセル単位の値を格納できます。

[Visual Basic]
GcMultiRow1.Rows(0).Tag = New String() { "セル1の値", "セル2の値" }

[C#]
gcMultiRow1.Rows[0].Tag = new string[] { "セル1の値", "セル2の値" };

結合セルスタイルを使用する
結合セルスタイル(CombinedCellStyle)は、他のセルスタイルを内包できるため、通常のセルスタイル(CellStyle)とその他のセルスタイルを1つのセルで併用できます。
ただし、Tagプロパティのためだけにこの方法を使用するのは効率的ではないため、通常はRow.Tagプロパティの使用をお勧めします。

[Visual Basic]
Imports GrapeCity.Win.MultiRow

' 条件付きスタイルを直接使用する場合
Dim conditionalCellStyle1 As New ConditionalCellStyle()
GcMultiRow1.CurrentCell.Style = conditionalCellStyle1

' 条件付きスタイルを結合セルスタイルと共に使用する場合
Dim cellStyle1 As New CellStyle()
cellStyle1.Tag = "任意の値"
Dim conditionalCellStyle1 As New ConditionalCellStyle()
Dim combinedCellStyle1 As New CombinedCellStyle()
combinedCellStyle1.Items.Add(cellStyle1)
combinedCellStyle1.Items.Add(conditionalCellStyle1)
GcMultiRow1.CurrentCell.Style = combinedCellStyle1

[C#]
using GrapeCity.Win.MultiRow;

// 条件付きスタイルを直接使用する場合
ConditionalCellStyle conditionalCellStyle1 = new ConditionalCellStyle();
gcMultiRow1.CurrentCell.Style = conditionalCellStyle1;

// 条件付きスタイルを結合セルスタイルと共に使用する場合
CellStyle cellStyle1 = new CellStyle();
cellStyle1.Tag = "任意の値";
ConditionalCellStyle conditionalCellStyle1 = new ConditionalCellStyle();
CombinedCellStyle combinedCellStyle1 = new CombinedCellStyle();
combinedCellStyle1.Items.Add(cellStyle1);
combinedCellStyle1.Items.Add(conditionalCellStyle1);
gcMultiRow1.CurrentCell.Style = combinedCellStyle1;