5.0J/6.0Jの日付コントロールと10.0Jの日付時刻コントロールのMaxDateプロパティの相違点

文書番号 : 40896     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2017/08/25     最終更新日 : 2017/08/25
文書を印刷する
対象製品
InputMan for Windows Forms 10.0J
詳細
InputMan for Windows Forms 5.0J/6.0Jの日付コントロール(GcDate)と同じ機能は、InputMan for Windows Forms 7.0J以降では日付時刻コントロール(GcDateTime)で提供されます。

5.0J/6.0Jで作成されたプロジェクトは移行ツールにより、GcDateからGcDateTimeに変換されそのまま利用できますが、MaxDateプロパティのミリ秒については仕様が異なります。

  • 5.0J/6.0J
    MaxDateプロパティの既定値:9999/12/31 23:59:59.999
  • 7.0J以降
    MaxDateプロパティの既定値:9999/12/31 23:59:59.0

  • このため、5.0J/6.0Jを利用したプロジェクトで日付コントロールのValueプロパティにDateTime.MaxValueを設定している場合、10.0Jに移行した後でエラーが発生することがあります。同様の動作を実現するには、MaxDateプロパティを変更する必要があります。

    [Visual Basic]
    Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
        ' MaxDateプロパティをDateTime.MaxValueに変更します。
        GcDateTime1.MaxDate = DateTime.MaxValue
    End Sub
    
    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click
        ' Valueプロパティを設定します。
        GcDateTime1.Value = DateTime.MaxValue
    End Sub
    [C#]
    private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
    {
        // MaxDateプロパティをDateTime.MaxValueに変更します。
        gcDateTime1.MaxDate = DateTime.MaxValue;
    }
    
    private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
    {
        // Valueプロパティを設定します。
        gcDateTime1.Value = DateTime.MaxValue;
    }

    関連情報