祝日設定に「山の日」を追加したい

文書番号 : 41199     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2017/08/29     最終更新日 : 2018/04/17
文書を印刷する
対象製品
InputMan for ASP.NET 10.0J
詳細
2016年から、8月11日に「山の日」が国民の祝日として施行されます。
カレンダーコントロールやドロップダウンカレンダーの休日設定に2016年以降の8月11日を追加するには、ForceHolidayオブジェクトを使用して、特定の年にだけ適用される休日を生成します。

[Visual Basic]
Imports GrapeCity.Web.Input.IMCalendar

Dim nationalHoliday As HolidayStyle = New HolidayStyle()
nationalHoliday.Name = "国民の祝日"

' 2016年から2099年まで、山の日を設定します。
For i As Integer = 2016 To 2099
    nationalHoliday.Holidays.Add(New ForceHoliday("山の日", DateTime.Parse(i.ToString() + "/8/11")))
Next

' 休日スタイルをコレクションに追加してカレンダーに反映させます。 
GcCalendar1.HolidayStyles.Add("国民の祝日", nationalHoliday)
GcCalendar1.ActiveHolidayStyles = New String() {"国民の祝日"}
[C#]
using GrapeCity.Web.Input.IMCalendar;

HolidayStyle nationalHoliday = new HolidayStyle();
nationalHoliday.Name = "国民の祝日";

// 2016年から2099年まで、山の日を設定します。
for( int i = 2016; i < 2099; i++)
{
    nationalHoliday.Holidays.Add(new ForceHoliday("山の日", DateTime.Parse(i.ToString() + "/8/11")));
}

// 休日スタイルをコレクションに追加してカレンダーに反映させます。 
GcCalendar1.HolidayStyles.Add("国民の祝日", nationalHoliday);
GcCalendar1.ActiveHolidayStyles = new string[] {"国民の祝日"};

なお、製品付属のSamples.zipに含まれる祝日定義ファイルには「山の日」が追加されています。