InputManCell機能を使用するとメモリリークが発生する

文書番号 : 41387     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/10/25     最終更新日 : 2018/06/27
文書を印刷する
対象製品
MultiRow for Windows Forms 10.0J
ステータス
修正済み
詳細
MultiRowでInputManCell機能を使用した場合、以下のいずれかの処理を実行したときに、使用メモリの一部が解放されずメモリリークが発生します。

(1)MultiRowが使用されているフォームを、Form.Closeメソッドで閉じる。
(2)MultiRowのTemplateプロパティに、別のテンプレートを設定する。

そのため、上記の処理を繰り返すと、アプリケーションの使用メモリが増大していきます。
明示的にDisposeメソッドを実行した場合も同様です。
リークした分のメモリは、MultiRowのオブジェクトを破棄しても開放されません。アプリケーションの終了によって開放されます。

この現象は以下の2つのオブジェクトが原因となっています。

原因1:MouseTapStylusStatusTrackerオブジェクトによる問題
このオブジェクトはすべてのInputManコントロールによって作成されるため、すべてのInputManCellが対象となります。
原因2:GcTextBoxのDropDownEditor.TouchToolBarオブジェクトによる問題
このオブジェクトはGcTextBoxにのみ作成されるため、GcTextBoxだけが対象なります。

上記のうち、どちらか一方または両方のオブジェクトが使用されることでメモリリークが発生します。

【2018年6月27日追記】
この問題はService Pack 2で対応されました。

Service Pack 2を適用後、GcMultiRowクラスに追加されたIsNeedClearOldTemplateCellプロパティを
Form_Loadイベントでtrueに設定することで改善されます。

◎サンプルコード(VB)
Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load
  ' MultiRowの設定
  GcMultiRow1.IsNeedClearOldTemplateCell = True
End Sub

◎サンプルコード(C#)
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
  // MultiRowの設定
  gcMultiRow1.IsNeedClearOldTemplateCell = true;
}
回避方法
この問題はService Pack 2(v10.0.4002.2012)で修正されました。
不具合を修正した最新のサービスパックは、アップデートページ からダウンロードできます。

Service Pack 2 未適用のときは以下の回避方法をご検討ください。

1. フォームの表示と非表示を繰り返す場合は、Form.Closeメソッドでフォームを閉じるのではなく、Form.HideメソッドやForm.Visibleプロパティを使用してフォームを非表示にしてください。

2. 複数のテンプレートを切り替える場合は、Templateプロパティに別のテンプレートを設定するのではなく、テンプレートごとにMultiRowコントロールを用意し、MultiRowのVisibleプロパティを使用して表示を切り替えてください。
キーワード
MLTR20008