[Excel for .NET] セルの罫線を設定した.xlsxファイルを読み込みそのまま保存すると、罫線が失われる場合がある

文書番号 : 81828     文書種別 : 制限事項     登録日 : 2016/10/07     最終更新日 : 2016/10/07
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for ASP.NET MVC
詳細
C1ExcelのBorderXXXXプロパティ(BorderBottomなど)を使用してセルの罫線を設定し、Saveメソッドで保存した.xlsxファイルを、Loadメソッドで読み込みそのままSaveメソッドで保存すると、設定した罫線が表示されません。

C1Excelにおける罫線の設定には線の種類と線の色の2つの要素がありますが、線種のみを指定し、線の色を明示的に設定しなかった場合、不完全な情報とみなされて罫線のLoadメソッドによる読み込みが行われないためです。

罫線を設定する際には、線の種類と共に、線の色(BorderColorXXXXプロパティ。例:BorderColorBottomなど)も設定してください。
回避方法
(A) C1Excelを使用して.xlsxファイルを生成する際に、線の種類と線の色を明示的に指定します。

◎サンプルコード(VB)
Dim style1 As New XLStyle(C1XLBook1)
style1.BackColor = Color.LightGray
style1.BorderBottom = XLLineStyleEnum.Thin
style1.BorderColorBottom = Color.Blue
sheet(0, 0).Style = style1

◎サンプルコード(C#)
XLStyle style1 = new XLStyle(c1XLBook1);
style1.BackColor = Color.LightGray;
style1.BorderBottom = XLLineStyleEnum.Thin;
style1.BorderColorBottom = Color.Blue;
sheet[0, 0].Style = style1;


(B) 線種のみの指定で生成済みの.xlsxファイルの場合、いったんMicrosoft Excelを用いて開き、「名前をつけて保存」にて保存し直すことで、罫線にExcelの既定の色