[FlexGrid for WinForms] スタイルエディタをキャンセルボタンで閉じると、列エディタ上のスタイル関連の設定がクリアされることがある

文書番号 : 81953     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/01/30     最終更新日 : 2017/05/17
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
ステータス
修正済み
詳細
C1FlexGridの列エディタで、コンボリストやDataTypeなどの設定を行った後、スタイルエディタを開き、これをキャンセルボタンで閉じたのち、再度列エディタを開くと、以前の設定内容がクリアされています。

※ AllowDraggingやCaptionなど、スタイル設定とは無関係なプロパティについては、クリアされません。
回避方法
この問題はバージョン2.0.20171.259または4.0.20171.260で修正されました。
修正版の適用方法については、アップデートの方法を参照してください。

修正版を適用しない場合の回避方法は、次の通りです。

列エディタでの設定と同じ内容を、コードを用いて設定してください。

(設定例)
◎サンプルコード(VB)
C1FlexGrid1.Cols(2).DataType = GetType(String)
C1FlexGrid1.Cols(2).ComboList = "ジョン|ペーター|アンドリュー"

◎サンプルコード(C#)
c1FlexGrid1.Cols[2].DataType = typeof(string);
c1FlexGrid1.Cols[2].ComboList = "ジョン|ペーター|アンドリュー";