[BarChart for ASP.NET Web Forms] コード上でDBから取得したデータをグラフに設定する方法

文書番号 : 81960     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2017/02/02     最終更新日 : 2017/02/02
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for ASP.NET Web Forms
詳細
コード上でDBから取得したデータをグラフに設定するには、下記の各プロパティを使用します。

DataSource/DataSourceID
DataBindings
C1ChartBinding.XField
C1ChartBinding.XFieldType
C1ChartBinding.YField
C1ChartBinding.YFieldType

データソースの指定には、DataSourceプロパティ/DataSourceIDプロパティのいずれかを用います。
「データソースオブジェクト」の場合はDataSourceプロパティ、「データバインドコントロール」の場合はDataSourceIDプロパティに指定してください。

◎サンプルコード(VB)
Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
  If Not IsPostBack Then
    Dim dt As New DataTable("test")
    ・・・

    'データソースオブジェクトを指定する場合
    C1BarChart1.DataSource = dt

    'データバインドコントロールを指定する場合
    'C1BarChart1.DataSourceID = "SqlDataSource1"

    Dim cb As New C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.C1ChartBinding
    cb.XField = "SampleName"
    cb.XFieldType = C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.ChartDataXFieldType.String
    cb.YField = "Volume"
    cb.YFieldType = C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.ChartDataYFieldType.Number
    C1BarChart1.DataBindings.Add(cb)
    C1BarChart1.DataBind()
  End If
End Sub


◎サンプルコード(C#)
protected void Page_Load(object sender, System.EventArgs e)
{
  if (!IsPostBack) {
    DataTable dt = new DataTable("test");
    ・・・

    //データソースオブジェクトを指定する場合
    C1BarChart1.DataSource = dt;

    //データバインドコントロールを指定する場合
    //C1BarChart1.DataSourceID = "SqlDataSource1"

    C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.C1ChartBinding cb = new C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.C1ChartBinding();
    cb.XField = "SampleName";
    cb.XFieldType = C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.ChartDataXFieldType.String;
    cb.YField = "Volume";
    cb.YFieldType = C1.Web.Wijmo.Controls.C1Chart.ChartDataYFieldType.Number;
    C1BarChart1.DataBindings.Add(cb);
    C1BarChart1.DataBind();
  }
}