[FlexReport for WinForms] 等幅フォントとプロポーショナルフォントが混在すると、エクスポートしたPDFに一方のフォントが埋め込まれず、テキストの描画が不正になる

文書番号 : 82084     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/03/24     最終更新日 : 2018/04/11
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
ステータス
現象確認済み
詳細
特定の組み合わせで等幅フォントとプロポーショナルフォントが混在しているレポートをPDFファイルにエクスポートすると、一方のフォントがPDFに埋め込まれず、文字が重なる、文字間隔が広がるなどの問題が発生する場合があります。

問題が発生するフォントの組み合わせとしては、以下を確認しています。
  • 「MS ゴシック」と「MS Pゴシック」
  • 「MS 明朝」と「MS P明朝」
※どちらのフォントが埋め込まれなくなるかは、フォントが設定されたフィールドの配置位置などに依存します。
回避方法
上記に該当するフォントを設定する場合、一方のフォントに統一してください。