[FlexGrid for WinForms] C1FlexGridを貼り付けたフォームを閉じた後、IMEをONにしたコントロールがフォーカスを得ると、タスクバーのIMEの状態が不正になる

文書番号 : 82109     文書種別 : 制限事項     登録日 : 2017/04/06     最終更新日 : 2018/06/28
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
詳細
IMEモードをONにした任意のコントロールからC1FlexGridを貼り付けたフォームにフォーカスを移動した後、そのフォームを閉じて、再度最初のコントロールにフォーカスを当てても、タスクバーのIMEがONにならず使用できない状態になります。
回避方法
この問題は、アタッチしているコントロールを切り替える際のMS IMEの特質と、本コントロールの内部的な仕様とにより発生しており、本コンポーネントの制限とさせていただきます。

本現象を回避するには、C1FlexGridを貼り付けたフォームが閉じる前に、FlexGridを強制的に破棄します。

◎サンプルコード(VB)
Protected Overrides Sub OnFormClosing(e As FormClosingEventArgs)
  MyBase.OnFormClosing(e)
  C1FlexGrid1.Dispose()
  Application.DoEvents()
End Sub

◎サンプルコード(C#)
protected override void OnFormClosing(FormClosingEventArgs e)
{
  base.OnFormClosing(e);
  C1FlexGrid1.Dispose();
  Application.DoEvents();
}