新しい元号(年号)への対応方法について

文書番号 : 82116     文書種別 : 技術情報     登録日 : 2017/04/07     最終更新日 : 2017/04/07
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for UWP
詳細
ComponentOne Studio for UWPは、元号を独自に定義する機能はありませんので、入力および表示機能はすべてプラットフォームのOSに依存します。

なお、Windows10では、コントロールパネルの「時計、言語、および地域」で「日付、時刻、または通知の形式の変更」を選択し、地域ダイアログで「形式」の「追加の設定」ボタンを押下し、形式のカスタマイズダイアログの「日付」の「カレンダー」の「カレンダーの種類」で「和暦」を選択することで、カレンダーの既定の日付書式が和暦になります。これにより、ComponentOne Studio for UWPの各コントロールにおいても和暦が適用されます。



参考情報:
Japan New Era Name Support Blog – 日本マイクロソフトの新元号 (和暦) 対応に関するサポート情報のブログです。
https://blogs.technet.microsoft.com/jperablog/