[TrueChart for WinForms] 3DChartのIsInterractiveプロパティをFalseに設定しても、インタラクティブ操作が無効にならない場合がある

文書番号 : 82141     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/04/26     最終更新日 : 2017/05/17
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
ステータス
修正済み
詳細
IsInterractiveプロパティが既にTrueの時に、さらにプロパティをTrueに設定してしまうと、その後1度Falseを設定しただけではインタラクティブ操作が無効になりません(※)。

※ Trueを設定した回数分だけFalseも設定すると、インタラクティブ操作が無効になります。
  例:Trueを2回設定した場合は、Falseも2回設定する
回避方法
この問題はバージョン4.0.20171.260で修正されました。
※ .NET Framework 2.0用アセンブリはメンテナンスモードに移行したため、C1.Win.C1xxxx.2.dllでの修正は行われません。
  .NET Framework 4.0用アセンブリ(C1.Win.C1xxxx.4.dll)をご利用ください。

修正版の適用方法については、アップデートの方法を参照してください。

修正版を適用しない場合の回避方法は、次の通りです。

IsInterractiveプロパティの値を確認し、「True」の場合はこの値を再度「True」に設定しないようにします。