[BarCode for WinForms] CodeTypeを「Code128」に指定したバーコードから作成された画像が、バーコードリーダーで読み取れない場合がある

文書番号 : 82144     文書種別 : 制限事項     登録日 : 2017/04/27     最終更新日 : 2017/05/01
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
詳細
バーコードのテキストに括弧が含まれると(例:A-9F(A)-A-99)、CodeTypeを「Code128_A」、「Code128_B」、「Code128_auto」に設定して作成したバーコードが、バーコードリーダーで読み取れません。

 ※CheckSumEnabledプロパティをFalseに設定すると発生します。

回避方法
本現象は、Code128の仕様による制限となります。Code128では、チェックサム(チェックデジット)が必ず必要となります。
Code128のバーコードを作成する場合は、必ずCheckSumEnabledプロパティをTrueに設定してください。

※CheckSumEnabledプロパティをTrueに設定してもバーコードリーダーで読み取りにくい場合、大きいサイズのBarCodeコントロールを配置して大きめのバーコードイメージを作成してください。