[FlexGrid for WinForms] 固定行以外がすべて非表示のとき、 [Ctrl] + [上矢印] キーを押下すると、例外エラーが発生する

文書番号 : 82383     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/09/29     最終更新日 : 2017/12/13
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
ステータス
修正済み
詳細
固定行以外のすべて行を、VisibleをFalseに設定して非表示にし、実行して [Ctrl] + [上矢印] キーを押下すると、例外エラーが発生します。
回避方法
この問題はバージョン4.0.20173.286で修正されました。
※修正版を適用しない場合の回避方法は以下の通りです。

固定行で[Ctrl] + [上矢印] キーが押下された場合、KeyDownイベント内で処理を中止します。

◎サンプルコード(VB)
Private Sub C1FlexGrid1_KeyDown(sender As Object, e As KeyEventArgs)
  If e.Modifiers = Keys.Control AndAlso e.KeyCode = Keys.Up Then
    If C1FlexGrid1.RowSel = C1FlexGrid1.Rows.Fixed Then
      e.Handled = True
      e.SuppressKeyPress = True
    End If
  End If
End Sub

◎サンプルコード(C#)
private void c1FlexGrid1_KeyDown(object sender, KeyEventArgs e)
{
  if (e.Modifiers == Keys.Control && e.KeyCode == Keys.Up)
  {
    if (c1FlexGrid1.RowSel == c1FlexGrid1.Rows.Fixed)
    {
      e.Handled = true;
      e.SuppressKeyPress = true;
    }
  }
}