[Scheduler for WinForms] TimeLineStyleプロパティをDaysに設定すると、データバインドを再実行したときにタスクの幅が拡大してしまうことがある

文書番号 : 82434     文書種別 : 既知の問題     登録日 : 2017/11/08     最終更新日 : 2017/12/13
文書を印刷する
対象製品
ComponentOne for WinForms
ステータス
修正済み
詳細
C1SheduleのViewTypeを「TimeLineView」に設定し、TimeLineStyleプロパティに「Days」を指定して、データソースにバインドしてタスクを表示させたのち、データバインドを再実行すると、タスクの開始時間と終了時間によっては、タスクの幅が拡大することがあります。

現時点では、下記ケースで本現象が発生することが確認されています。

・開始時間:2017/11/02 20:30 終了時間:2017/11/02 23:24
・開始時間:2017/10/30 20:00 終了時間:2017/10/30 21:08

※このとき、稼働時間は0:00開始、0:00終了に設定しています。
※開始時間:2017/11/02 18:00 終了時間:2017/11/02 19:08では発生しません。
回避方法
この問題はバージョン4.0.20173.286で修正されました。

※修正版を適用しない場合の回避方法は以下の通りです。

MinDaySlotWidthプロパティに大きめの値を設定して、タイムラインビューの日スロットの最小幅を調整します。

◎サンプルコード(VB)
C1Schedule1.MinDaySlotWidth = 160

◎サンプルコード(C#)
c1Schedule1.MinDaySlotWidth = 160;