macOSブラウザでのリドゥ操作について

文書番号 : 83416     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2018/11/26     最終更新日 : 2018/11/26
文書を印刷する
対象製品
SpreadJS(Ver.10.x.x -)
詳細
Spread.Sheetsでカスタムコマンドを作成した際に、その実行をキーボードショートカットで取り消すには[Ctrl]+[z]を使用します。また、カスタムコマンドを再実行するには、キーボードショートカット[Ctrl]+[y]を使用します。

しかし、macOSでは上記キーは、⌘(コマンド)+Y、Zになり、コマンド+Yではブラウザでの履歴ページが表示されてしまいます。

下記のコードは、コマンド+Y押下時にブラウザの履歴ページが表示されるのを防ぐサンプルです。どうぞご参考ください。

◎サンプルコード(javascript)
spread.commandManager().register("stopSysHistoryWindow", function () {
  event.preventDefault();
  event.stopPropagation();
  return false;
}, GC.Spread.Commands.Key.y, false, false, false, true);