祝日設定に「山の日」を追加したい

文書番号 : 83668     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2019/02/25     最終更新日 : 2019/02/25
文書を印刷する
対象製品
InputMan for WPF 2.0J
詳細
2016年から、8月11日に「山の日」が国民の祝日として施行されます。
ドロップダウンカレンダーコントロールの休日設定に2016年以降の8月11日を追加するには、ForceHolidayオブジェクトを使用して、特定の年にだけ適用される休日を生成します。

[Visual Basic]
Dim NationalHoliday As New HolidaySetting("国民の休日")

' 2016年から2099年まで、山の日を設定します。
For i As Integer = 2016 To 2099
    NationalHoliday.Holidays.Add(New ForceHoliday("山の日", DateTime.Parse(i.ToString() + "/8/11")))
Next

' 休日設定をカレンダーに追加します。
GcDropDownCalendar1.HolidaySetting = NationalHoliday

[C#]
HolidayStyle nationalHoliday = new HolidayStyle("国民の祝日");

// 2016年から2099年まで、山の日を設定します。
for( int i = 2016; i < 2099; i++)
{
    nationalHoliday.Holidays.Add(new ForceHoliday("山の日", DateTime.Parse(i.ToString() + "/8/11")));
}

// 休日設定をカレンダーに追加します。
gcDropDownCalendar1.HolidaySetting = nationalHoliday;

なお、製品にはサンプルとして国民の祝日があらかじめ登録された祝日定義ファイルが付属しており、こちらに「山の日」の定義も含まれています。サンプルの祝日定義ファイルは、製品インストールフォルダ内のDataフォルダの「NationalHolidayDictionary.xaml」です。