Safariで数字や英文字などをセルに入力できない

文書番号 : 84233     文書種別 : 制限事項     登録日 : 2019/07/10     最終更新日 : 2019/12/17
文書を印刷する
対象製品
SpreadJS(Ver.10.x.x -)
詳細
WindowsのブラウザとMacOSのSafariとでキー押下時のイベント発生の違いによる制限となります。

WindowsのブラウザでのSpreadJSは、IMEの入力動作に関するイベント(compositionstart、compositionend、compositionupdate)を監視することが可能です。

何かキー入力があった場合にはkeydownイベントが発生し、このイベントのパラメーターが"229"のときにIME入力動作であると判断します。その後compositionstartイベントが発生し、SpreadJSを編集モードに遷移することでセル入力が可能となります。

MacOSのSafari(ローマ字モード)では、keydownイベントが発生しキーコード"229"を取得することは可能ですが、compositionstartイベントが発生しないため、SpreadJSは編集モードに遷移できません。

セルが編集状態になっている場合は問題ありません。
また、IMEが有効になっている場合は、セルの非編集状態からでも入力が可能です。