[GcSpreadGrid] 単一選択モード(SingleSelect)で特定行を選択状態にするには

文書番号 : 85054     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/03/27     最終更新日 : 2020/03/27
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
単一選択モード(SingleSelect)は、単一選択リストボックスのように動作しマウスで選択した行がハイライト表示されます。コードから選択行を指定したい場合はSelect メソッドを使用します。また、選択状態をクリアする場合は、ResetSelection メソッドを使用します。ただし、ResetSelection メソッドでは選択行の黒枠はクリアされません。選択行を示す黒枠を削除したい場合はActiveCellPositionをEmptyに設定します。ActiveCellPositionを指定するには、オペレーションモードを一旦SingleSelect以外に設定しておく必要があります。

◎サンプルコード(VB)
Private Sub Window_Loaded(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.SingleSelect
End Sub

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
  gcSpreadGrid1.Select(New CellRange(5, 0), SelectionType.New)
End Sub

Private Sub Button2_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
  gcSpreadGrid1.ResetSelection()
  ' オペレーションモードを変更
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.Normal
  gcSpreadGrid1.ActiveCellPosition = CellPosition.Empty
  ' オペレーションモードを戻す
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.SingleSelect
End Sub


◎サンプルコード(C#)
private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e){
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.SingleSelect;}
private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  gcSpreadGrid1.Select(new CellRange(5, 0), SelectionType.New);
}
private void button2_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  gcSpreadGrid1.ResetSelection();
  // オペレーションモードを変更
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.Normal;
  gcSpreadGrid1.ActiveCellPosition = CellPosition.Empty;
  // オペレーションモードを戻す
  gcSpreadGrid1.OperationMode = OperationMode.SingleSelect;
}