[GcSpreadGrid] オートフィルオプションの項目をカスタマイズしたい

文書番号 : 85071     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/03/30     最終更新日 : 2020/03/30
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
XAMLのStyle設定にて、DragFillSmartTagオブジェクトをカスタマイズすることで、ドラッグフィル実行時に表示されるフィルメニューを変更することができます。

以下のサンプルコードでは、フィルメニューを非表示にします。

※以下の名前空間が宣言されています。
xmlns:sg="http://schemas.grapecity.com/windows/spreadgrid/2012"

◎サンプルコード(xaml)
<Window.Resources>
        <Style TargetType="sg:DragFillSmartTag">
            <Setter Property="Visibility" Value="Collapsed"/>
        </Style>
    </Window.Resources>
    <Grid>
        <sg:GcSpreadGrid Name="gcSpreadGrid1" />
    </Grid>
</Window>

次のサンプルコードでは、フィルメニューの特定の項目を非表示にします。
◎サンプルコード(xaml)
<Window.Resources>
        <Style TargetType="sg:DragFillContextMenuItem">
            <Style.Triggers>
                <Trigger Property="Text" Value="書式のみコピー(フィル)">
                    <Setter Property="Visibility" Value="Collapsed"/>
                </Trigger>
                <Trigger Property="Text" Value="書式なしコピー(フィル)">
                    <Setter Property="Visibility" Value="Collapsed"/>
                </Trigger>
            </Style.Triggers>
        </Style>
    </Window.Resources>
    <Grid>
        <sg:GcSpreadGrid Name="gcSpreadGrid1" />
    </Grid>
</Window>

ドラッグフィル操作の詳細については製品ヘルプの以下のページで解説しています。

[SPREAD for WPF 3.0J - GcSpreadGrid]
- [開発者ガイド]
 - [セル]
  - [セルのドラッグフィル]