[GcSpreadSheet] 行/列の幅や高さを自動調整する方法

文書番号 : 85918     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/08/24     最終更新日 : 2020/08/24
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
ユーザー操作(マウス操作で行/列ヘッダの境界をダブルクリック)による行/列の幅や高さを自動調整を許可するには、AutoFitModeプロパティを設定します。下記コードのような設定が可能です。

◎サンプルコード(VB)
'自動調整を行に対してのみ有効にします。
GcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.Row
'自動調整を列に対してのみ有効にします。
GcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.Column
'自動調整をすべての行列に対して無効にします。
GcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.None
'自動調整をすべての行列に対して有効にします。(デフォルト値)
GcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.All
◎サンプルコード(C#)
//自動調整を行に対してのみ有効にします。
gcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.Row;
//自動調整を列に対してのみ有効にします。
gcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.Column;
//自動調整をすべての行列に対して無効にします。
gcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.None;
//自動調整をすべての行列に対して有効にします。(デフォルト値)
gcSpreadSheet1.AutoFitMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.AutoFitMode.All;

コードで行/列の幅や高さを自動調整するには、AutoFitメソッドを使用します。

◎サンプルコード(VB)
'列B、Cを自動調整します。
GcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Columns("B:C").AutoFit()
'2行目を自動調整します。
GcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Rows(1).AutoFit()
◎サンプルコード(C#)
//列B、Cを自動調整します。
gcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Columns["B:C"].AutoFit();
//2行目を自動調整します。
gcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Rows[1].AutoFit();

以上の機能はSPREAD for WPF 3.0JのSP1以降のバージョンで使用できます。