[GcSpreadSheet] アンドゥ/リドゥ機能を使用する方法

文書番号 : 86005     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/09/15     最終更新日 : 2020/09/15
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
GcSpreadSheetコントロールでは、デフォルトの状態で、最近行った100回の操作をアンドゥ/リドゥする(元に戻す/やり直す)機能が使用できます。

アンドゥ/リドゥはそれぞれ以下のキーに割り当てられています。
  • [Ctrl] + [Z](アンドゥ)
  • [Ctrl] + [Y](リドゥ)
コードにより、ボタンコントロールの押下などによってアンドゥ/リドゥを行う場合は、以下のように、CommandManagerクラスのUndoメソッドとRedoメソッドを使用します。

◎サンプルコード(VB)
Private Sub button1_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles button1.Click
    'アンドゥ
    GcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Undo()
End Sub

Private Sub button2_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles button2.Click
    'リドゥ
    gcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Redo()
End Sub
◎サンプルコード(C#)
private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    //アンドゥ
    gcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Undo();
}

private void button2_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    //リドゥ
    gcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Redo();
}

また、アンドゥ/リドゥが可能な操作の回数は、CommandManagerクラスのLimitプロパティを使用して変更することができます。このプロパティを「0」に設定して、アンドゥ/リドゥ機能を無効にすることも可能です。

◎サンプルコード(VB)
'アンドゥ/リドゥ機能を無効にします。
GcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Limit = 0
◎サンプルコード(C#)
//アンドゥ/リドゥ機能を無効にします。
gcSpreadSheet1.Workbook.WorkbookSet.CommandManager.Limit = 0;

アンドゥ/リドゥ機能の詳細は、製品ヘルプをご参照ください。