[GcSpreadSheet] 行/列を移動する方法

文書番号 : 86060     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/10/12     最終更新日 : 2020/10/12
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
行/列をユーザー操作でマウスドラッグにより移動するには、DragDropModeプロパティをRow/Columnに設定します。

◎サンプルコード(VB)
'行と列のドラッグ移動を許可します。
GcSpreadSheet1.DragDropMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.DragDropMode.Row Or GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.DragDropMode.Column
◎サンプルコード(C#)
//行と列のドラッグ移動を許可します。
gcSpreadSheet1.DragDropMode = GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.DragDropMode.Row | GrapeCity.Wpf.SpreadSheet.DragDropMode.Column;
設定内容の詳細については、以下の製品ヘルプをご参照ください。
また、コードにより行/列の移動を行うには、IWorksheetインタフェースのMoveメソッドを使用します。

◎サンプルコード(VB)
'1行目のデータを2行目に移動します。 
GcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Rows(0).Move(1, -1, GrapeCity.Spreadsheet.ManipulationOptions.All)
'1列目のデータを2列目に移動します。
GcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Columns(0).Move(-1, 1, GrapeCity.Spreadsheet.ManipulationOptions.All)
◎サンプルコード(C#)
//1行目のデータを2行目に移動します。 
gcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Rows[0].Move(1, -1, GrapeCity.Spreadsheet.ManipulationOptions.All);
//1列目のデータを2列目に移動します。
gcSpreadSheet1.Workbook.ActiveSheet.Columns[0].Move(-1, 1, GrapeCity.Spreadsheet.ManipulationOptions.All);
詳細については、以下の製品ヘルプをご参照ください。