[GcSpreadSheet] セルのロックを有効/無効にする方法

文書番号 : 86097     文書種別 : 使用方法     登録日 : 2020/10/20     最終更新日 : 2020/10/20
文書を印刷する
対象製品
SPREAD for WPF 3.0J
詳細
セルをロック(読み取り専用)するには、IWorksheetインタフェースのProtectメソッドで引数のWorksheetLocks列挙体を指定して実行します。

このとき、セルのLockedプロパティがデフォルトでTrueのため、すべてのセルでロックが有効になります。
特定のセルのロックを無効にする場合は、LockedプロパティをFalseに設定します。

また、Protectメソッドで設定したシートの保護を解除するには、Unprotectメソッドを使用し、引数に設定したパスワードを指定します。

◎サンプルコード(VB)
'ワークシートを保護します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Protect(GrapeCity.Spreadsheet.WorksheetLocks.[Default], "test")
'特定のセルのロックを解除します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Cells("C3:D4").Text = "Unlocked"
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Cells("C3:D4").Locked = False
'ワークシートの保護を解除します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Unprotect("test")
◎サンプルコード(C#)
// ワークシートを保護します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Protect(GrapeCity.Spreadsheet.WorksheetLocks.Default, "test");
// 特定のセルのロックを解除します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Cells["C3:D4"].Text = "Unlocked";
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Cells["C3:D4"].Locked = false;
// ワークシートを保護します。
gcSpreadSheet.Workbook.ActiveSheet.Unprotect("test");

なお、WorksheetLocks列挙体は、Defaultを指定した場合にのみセルの内容を保護します。WorksheetLocks列挙体のその他のメンバーは、Excelのインポート/エクスポートでのみサポートされており、GcSpreadSheetコントロール上での保護はサポートされていません。